スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です、よかったらクリックお願いします。

FC2Blog Ranking

【映画】ボーンシリーズ3部作
2009年10月22日 (木) | 編集 |
  
ボーン・アイデンティティしか見たことなかったけど最近全部見ておもしろかった。
やっぱりアクションシーンがすげーかっこいい。
カメラが動き回るから臨場感あるけど、何起こってるかわかりにくかったり、人によっては酔う人もいるかも。

2作はプレミアム・ベスト・コレクションで安くなってるし、3部全部見てほしい。

あらすじ(微妙なネタバレあり?)

1作目 ボーン・アイデンティティー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ダグ・リーマン監督が、ロバート・ラドラムのベストセラー小説を映画化したサスペンスアクション。イタリアの漁船が海上を漂っていた瀕死の男を発見。記憶を失っていたその男は、過去の自分を探り始める。“プレミアム・ベスト・コレクション”。


2作目 ボーン・スプレマシー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
マット・デイモン主演のサスペンスアクション『ボーン・アイデンティティー』の続編。過去を捨てたボーンはマリーとインドでひっそりと暮らしていた。しかし、突如現れた殺し屋にマリーは殺されてしまう。“プレミアム・ベスト・コレクション”。


3作目 ボーン・アルティメイタム

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ボーン(マット・デイモン)は、モスクワの闇の中にいた。時折、過去の記憶が頭を掠めていく。ボーンは警官隊から逃げ延び、再び闇へと姿を消す。数ヶ月後、ボーンは、パリで、死んだ恋人マリーの兄を訪ねていた。その頃、新聞記者のロス(バディ・コンシダイン)は、CIAの暗殺部隊“トレッドストーン”計画と、ボーンの存在の情報を得ていた。新聞の一面を飾った自身の写真を目にしたボーンは、ロスとの接触を試みる。だが、CIAのヴォーゼン(デヴィット・ストラザーン)が放った殺し屋により、ロスは、射殺されてしまう。ボーンは、ロスが残したメモから、マドリッドのCIA支局長が情報源であ...



ジェイソン・ボーン・トリロジーBOX 【初回生産限定商品】 [Blu-ray]
スポンサーサイト
ランキング参加中です、よかったらクリックお願いします。

FC2Blog Ranking

テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。